介護

有料老人ホームの種類をチェック|入居者の状況によって選べる

高齢者施設の違い

介護

健康な人を対象にしたサービス付き高齢者住宅は見守りなどのサービスは受けられますが、介護が必要な場合は外部サービスを頼む必要があります。入居の際には保証人が必要ですが、家賃債務保証制度を利用することで保証人がいない人でも契約することができます。

もっと読む

状態に合わせた居住形態

施設

入所基準の違いを把握

有料老人ホームには、介護付き・住宅型・健康型の3つの種類があります。それぞれに入所基準が設けられているので確認しましょう。介護付き有料老人ホームは、認知症の方にも対応し通院の必要がある場合でも入所可能です。比較的重症度が高くても入所できる種類でしょう。また、住宅型有料老人ホームは認知症や通院の必要性がある方にも対応していますが、中程度の状態であることが求められます。そして、健康型有料老人ホームは、その名前の通り人死傷ではなく通院の必要性もない方を対象としています。種類の特徴を把握していないと、老人ホームを探しにくくなるので基本知識として知っていると良いでしょう。契約内容の確認の際にも必要です。

契約内容の確認が重要

有料老人ホームには種類があり、入所の前に契約書の取り交わしを行います。問題となるのはさらに年齢を重ねることで、介護サービスが必要になった際です。現時点で認知症ではない方が健康型有料老人ホームに入所したとしても、将来的に認知症が発症すると介護サービスが必要になります。健康型の種類では、介護サービスの提供を別事業所に依頼するケースもありますので契約書の内容確認は必須です。通院の必要性が出る場合の対応も、同様に確認しておきましょう。有料老人ホームは入所の際に一時入居金を支払います。仮に、種類の違う有料老人ホームへ移動することになった場合、一時入居金の返金が行われるのかどうかも知っておくと、費用面で安心できます。

常識のクラウド型介護

パソコン操作

今最も話題の介護システムといえばクラウド型のサービスです。ネット上で利用し、データセンターで保存されます。しかし多くの商品があるので選ぶのが大変です。こういうときは比較サイトを使って調べてみるといいでしょう。

もっと読む

食事の魅力

和食

介護食品は、味気ないなどの悪いイメージが多かったですが、最近では新しい技術をとりいれたり、味はもちろんのこと見た目にもこだわりをもつ商品が増えてきていることが事実です。さまざまな種類があるので、試しながら自分にあった商品や会社を見つけると楽しく食事ができるので大切です。

もっと読む